【2020/03/30】EUR/JPYのトレード記録+1,106,000円(+55.3PIPS)

 

こんばんは(^^)

 

久しぶりのブログ更新になってしまい申し訳ございません。

配信用に使用していたパソコンの不具合でブログの更新ができない日々が続いていました。

ですがこの度新しいパソコンを購入したので、前と変わらずに更新ができる様になりました。

以前のパソコンよりもスペックを大幅に上げたので、今後の配信も楽々できそうです( ^ω^ )

 

それに伴いお知らせがあります!

以前はMacでもMT4を見れたのですが(文字化けはしましたが)2019年以降に生産されたMacでは、MT4が対応していないため新しく購入したパソコンではMT4が見れません。

なのでMacでWindowsが見れるソフトを入れ、ややめんどくさい作業を行い新しく購入したパソコンでもXMのMT4を見れる様にしました。

 

その為今後の配信で使用する画像は、”Windows版のXMのMT4のチャート”になります。
(これまではMac版のXMのMT4を使い配信を行っていました。)

ですので今までとロウソク足の表示具合が若干異なります。
(微々たるものですが)

 

ですが普段のトレードは、Windowsのパソコンを使い行っているので、今後配信する画像や動画も普段翼が見ているものと同じものをお届けすることができます。

(翼がトレードをする際は、Windowsのパソコンを使用しています。)

 

つまりこれまでの配信はMac版のMT4を使用していたが、今後はWindows版のMT4を使用するというお知らせになります。

ただそれだけなのですが、「チャートが若干変わった」と気づく方もいるかと思いましたので、お話をしておきます( ^ω^ )

 

さてそれでは本日は、タイトル通り「EUR/JPYのトレード記録」を解説していきます。

ちなみにこのトレードは、2020年3月30日(月)にエントリーをしたトレードになります。

 

ブログ更新ができていなくトレード記録がかなり溜まっているため、本日も皆さんの参考になりそうなトレード記録を選別してブログを更新していきます。(いつもそうですが笑)

 

では今日も、「なぜそのポイントで自信満々にエントリーをしていけるのか?」というところと、トレードの際に「注意する点」や「重要な点」などについても解説を行なっていきます。

それではまずは、いつも通りに欠かすことの出来ない「相場の流れの把握方法」から話していきます。

 

早速ですが、下の画像を見てください↓

(↑クリックで拡大できます。)

 

上画像は、EUR/JPYの日足になります。

このEUR/JPYの日足の相場の流れは、上画像左端から下降傾向の流れが確認でき最安値(黄緑丸)からは上昇の流れに転換していった相場になります。

(上画像の黄緑ラインが下降傾向の流れになり、オレンジラインが上昇の流れになります。)

 

そして直近部分であるその後の相場の動きは、ジグザグとした波の動きを作りながら動いていったという相場です。

(上画像のピンクラインがその波の動きになります。)

 

この日足の相場の流れは、エントリーを行なった「2020年3月30日(月)」の時点の相場で把握をしています。

 

それではそのことを踏まえ、4時間足でも相場の流れを把握していきます。

下の画像を見てください↓

(↑クリックで拡大できます。)

 

上画像は、EUR/JPYの4時間になります。

4時間足でも日足同様に相場の流れを把握してくと最高値(黄緑丸)からは下降の流れが確認でき、その後は波の動きを作りながら動いている相場になります。

(上画像の黄緑ラインが下降の流れになり、オレンジラインが波の動きになります。)

 

そして直近部分は、再度「下降の流れに転換していくのか?」といった相場に状況になります。

(上画像のピンクラインがその相場の動きになります。)

 

この4時間足の相場の流れは、エントリーを行なった「2020年3月30日(月)」の時点の相場で把握をしています。

 

つまりこのことから日足&4時間足で相場の流れを把握すると、直近部分の相場は”下降の流れを形成中”であることが把握できます。

 

このように相場の流れが日足&4時間足でしっかり把握できたら、次は目線を分けるラインを引いていきます。

この目線を分けるラインは、日足&4時間足で相場の流れを把握してから、日足の直近部分を一番に優先した上で「波の動きが多く止められるポイント」や「数多くの支持点が重なるポイント」に引いていきます。

(「日足の直近」とは、日足の直近3〜4ヶ月部分のことを指します。)

 

上記の「EUR/JPY・日足」の白ラインを見ていただくと、日足の直近3〜4ヶ月部分を一番に優先した上で「数多くの支持点」や「多くの波の動き」もしっかり止めれているポイントに目線を分けるラインを引くことができています。

なのでこのことから、この目線を分けるライン(白ライン)はしっかり機能しているライン”と判断することができ、この白ラインのポイントに目線を分けるラインが引けるのです。

 

ここまでの判断ができたら、この目線を分けるラインを境に下ゾーン「売り目線」と判断し、売り目線では”売りのみのトレード”を行っていくのが翼流トレード方法の基本になります。
(ここまでの判断が翼流環境認識になります。)

 

ちなみにこの目線を分けるラインは、その日その時の相場の動きに合わせて引いていくものになるのですが、今現在「2020年4月13日(月)」のEUR/JPYの目線を分けるラインは、「119.634」のポイントに移動しています。

この目線分けライン移動するタイミングに関しては、その時々の相場の動き方にもよるので一概には言えません。

 

ですが例えば売り方向の場合であれば、相場が大きく伸び、前回の安値を更新した時点で、その相場に合わせて”段階的に目線を分けるラインも切り下げていく”という感じになります。

ここら辺の判断は、経験を要する部分で少し難しいのですが、どのような相場状況でも、目線を分けるラインを引いていく際のポイントと手順を抑えて移動しています。
「トレードマニュアル」に記載している通りのポイントと手順です。)

 

ここ最近の相場状況的に目線を分けるラインが引けるポイントが難しい通貨が多く『目線を分けるラインが翼と合わない』という生徒さんがいらっしゃいます。

なのでこの目線を分けるラインについて少し話していきます。

 

まず目線を分けるラインはすぐに引けるものではないため、初めからバッチリのポイントに引けなくて当然になりますので、ご安心ください。

この目線を分けるラインは、相場の流れや動きを捉えていく「力」を身に付けていくことができるラインになります。

 

ですので本来ならば何年もの経験が必要になってくるものになり、大体2年以上のFX経験が無いとすぐに引くことは出来ないラインです。

その為FX歴が短い方やこれまでしっかり経験を積んでこなかった方は、すぐに目線を分けるラインが引けません。

しかしFX歴が長い上でこれまでしっかり経験を積んできた方は、翼流のポイントを抑えただけですぐに的確なポイントに目線を分けるラインを引ける生徒さんが多いです。

 

『何が言いたいのか?』と言いますと、現在目線を分けるラインで躓いてる方は、経験が足りていないため相場を捉える「力」がないからこそ、的確なポイントに目線を分けるラインが引けないのです。

その経験が無いからこそ、相場の流れや動きを捉えていく「力」を今後しっかり身に付けていくために、目線を分けるラインという翼流のラインを使いその力を取得していくのです。

 

つまりその何年もの経験が必要になる部分を翼流のポイントを押さえて数ヶ月で身に付けていく訳ですから、当然取得するまでには多少の時間とある程度の勉強が必要です。

なので現在目線を分けるラインが引けないのであれば、これから多くの経験を積んでいってください。

 

それしか取得する方法はございません。

 

まずFXでは経験が無いと圧倒的に不利になります。

これは私自身FX歴が短いからこそ言えることです。

 

ですので「FX歴が短い」「経験が無い」という方は、経験がある方以上に勉強をしていかなければいけません。

「FX歴が短い」「経験が無い」という方は、経験がある方以上に努力をしていかなければFXで利益を上げ続けていくことは不可能です。

勘違いして欲しく無い部分は、多少の努力で勝てるほど、FXは甘くないということです。

 

まぁとは言っても、目線を分けるラインは本来そこまで難しいものではございません。

日々しっかり経験を積んでいけば誰しもがクリアできる課題になりますし、もちろん多くの生徒さんがこのポイントを通過しています。

 

ですので「トレードマニュアル」を元にこのブログやメール講座動画解説(YouTube)などを通し、しっかり学習していくということを行ってください。

そうやって日々しっかり経験を積んでいけば、自分の力で目線を分けるラインが引ける様になり、相場の流れや動きも捉えていく「力」も同時に身についていきます。

 

ちなみにメール講座では、週に1回位のペースで目線を分けるラインの問題という「新カリキュラム」を始めました!

この新カリキュラムは、目線を分けるラインをしっかり自分の力で引いていくことができる様に『何故そのポイントに目線を分けるラインが引けるのか?』『何故そのポイントには目線を分けるラインが引けないのか?』という部分をしっかり学習していただくためのものになります。

 

その為このメール講座も使い目線を分けるラインをしっかり攻略していってください。

 

ではそのことを踏まえ、次は「2020年3月30日(月)」にエントリーしたポイントを見てください↓

(↑クリックで拡大できます。)

 

上画像は、「EUR/JPY・30分足」になります。

そして目線を分けるラインは上画像の白ラインのポイントになりますので、エントリーを行ったポイントは「売り目線内」になります。

 

ではその売り目線ではあるのは前提とし、エントリーに使用した30分足で相場の流れを把握していきます。

まず上画像左下の最安値に注目していただくと、その最安値から切り上がりの流れが確認できる。

だが直近部分の相場の流れは、り下がってきた”相場状況になります。

 

なのでその切り下がりの相場の流れにしっかり乗ることができるポイントにエントリーに使用する水色ラインを引いています。

それに加え先程捉えてきた日足&4時間足の相場の流れも”下降の流れが確認できるポイント”でしたので、今回エントリーをしていったポイントは、長期足(日足&4時間足)の相場の流れにも乗ってトレードを行うことができるポイントになるのです。

 

というのもエントリーに使用する30分足に加え、長期足(日足&4時間足)の相場の流れにもしっかり乗ってトレードを行うことができるポイントは、よりリスクを低く抑えることができるため、相場の流れ的には”伸びていきやすいポイント”でエントリーをすることができます。
(売り目線であるのが前提の話になります。)

 

何故なら下位の時間足よりも上位の時間足の相場の流れの方が強いため、上位の時間足でも相場の流れに乗ることができるポイントは、降られにくくなり安定したトレードを行うことができるからです。

これは「勝率向上書」の「2−1」の判断通りになりますので、そちらもしっかり目を通しておいてください。

 

だからこそ今回は、日足&4時間足の下降の流れにもしっかり乗れるポイントにエントリーに使用する水色ラインを引いているのです。

今回エントリーに使用したライン(水色ライン)をまず30分足で見ていただくと、最新の相場に対し「数多くの支持点」が重なるポイントと「多くの波の動き」が止められているポイントに引いているのが確認できます。

上画像の黄色丸内のポイントがロウソク足のヒゲと実体が止められているポイント(支持点)です。

 

その為この水色ラインは、エントリーに使用した30分足のみを見ても”意識されているライン”と判断することができるラインになるのです。

 

それに加えこの水色ラインは、上げた時間足である日足&4時間足でも「数多くの支持点」と「多くの波の動き」が止められている”固いライン”になります。

上記の日足の画像(1枚目のEUR/JPYの日足の画像)と4時間足の画像(2枚目のEUR/JPYの4時間足の画像)を見ていただくと、水色ラインで「数多くの支持点」と「多く波の動き」が止められているのが確認できます。

このことからもこの水色ラインは、今後も相場上でしっかり”機能してくるライン”であると判断することができるため、勝率が高いラインになるのです。

 

なのでこの水色ラインを使い、そこからの下げの動きを「N字のエントリー方法」を絡めて狙っていったポイントになります。

このラインの判断に関しては、「トレードマニュアル」の内容を元に「勝利向上書」の「2-2」で詳しく説明していますので、そちらもしっかり読んでおいてください。

 

つまり今回エントリーを行なったポイントは、「相場の流れ」と「エントリーに使用したライン」的に勝率が高いポイントになり、伸びていきやすいポイントと判断することができます。

それは、日足&4時間足でも意識されている固い水色ラインを下抜け下降し、その水色ラインでレジスタンスをされれば(赤丸)まず『上に行きたくてもいけない』という状況がかなり固いものになります。

そしてそこからMAを下抜けてくることで、下に止められるポイントが少なくなるのため伸びていく絶好のポイントになる。

だからそのポイントを「売り」でエントリーしているのです。

(私がエントリーをしたポイントは緑の点線ライン(黄緑丸)のポイントになります。)

 

今回エントリーに使用していったのは、翼流トレード方法の最も基礎のエントリー方法である「N字のエントリー方法」になります。

最も基礎のエントリー方法とは言っても、このエントリー方法のみでも十分にプラスに持っていくことができる程のエントリー方法になりますので、しっかり覚えていって欲しいです。

 

下記の動画では、この「N字のエントリー方法」のみで「合計+6,446,000円(+322.3PIPS)」の利益を確保したポイントを解説しています。

下記の動画も通し、しっかり学習をしてください↓

(↑クリックで動画を見れます。)

 

この最も基礎の「N字のエントリー方法」が更なる多くの利益を確保していく応用のエントリー方法(究極の7定式に記載)に繋がっていきますので、翼流トレード方法を使用していくのならば必ず覚えていって欲しいです。

 

ちなみにエントリーのタイミングに関しては、エントリーに使用した前後の時間足のMA抜けもしっかり確認してエントリーをしております。

今回のエントリーをしていったポイントは、エントリーに使用する時間足(30分足)の前後の時間足(15分足と1時間足)のMAもしっかり下抜けたポイントでエントリーをしています。

 

この様に前後の時間足のMA抜けも確認してエントリーをしていくことで、「前後の時間足のMAで止められる」というリスクも回避してエントリーをすることができるため、より勝率を上げてエントリーをすることができるのです。

この判断は「勝利向上書」の「2−6」に詳しく記載していますので、そちらをしっかり読んでおいてください。

 

それからロウソク足の「N字」の形成具合にも注目をしていただくと「半円を描く様にとても綺麗!」という形ではないですが、ヒゲが少なくしっかりローマ字の「N」の字を描いている形成になります。

その為ロウソク足の「N字」の形成的にも『伸びていきやすそうだな』と判断し、エントリーをしていったポイントです。

 

数多くの「N字」の形成を見て経験を積んでいくと、『この形は伸びる』『この形は伸びない』という判断を下すことができます。

ですのでこれは経験が最も重要になりますので、自身で”数多くのチャートを見ていく学習”も行ってください。

この判断は「勝利向上書」の「2−4」に詳しく記載していますので、そちらをしっかり読んでおいてください。

 

ではそのことを踏まえ、エントリーしたその後の相場を見ていきましょう。

下の画像を見てください↓

(↑クリックで拡大できます。)

 

上画像は、「EUR/JPY・30分足」になります。

それではエントリーしたその後の相場の動きを見ていただくと、しっかり下降し伸びているのが確認できます。

 

その為利確は、いつも通りに「N字」の形成の最安値(オレンジ丸)を利確目安に設定し、相場の勢いを考慮しながら利確を行っています。

(翼流利確方法の詳細は、「トレードマニュアル」を参照)

 

今回のポイントは、その利確目安(オレンジ丸)でまでしっかり伸びてきたポイントでしたので、上画像の赤丸のポイントで利確をしています。


(↑クリックで約定履歴を拡大できます。)

 

EUR/JPY(売り)20lot(200万通貨)

+1,106,000円(+55.3PIPS)


 

今日は、「N字のエントリー方法」で利益を上げたポイントを紹介してきました。

ちなみにYouTube(動画解説)では、このブログに記載していない「トレード記録」や「FXの話」もたくさんしていますので、そちらを通してもしっかり学習していってください( ^ω^ )

 

下記の動画をまだ見ていない方は、是非チェックしてください。

・−128万円の負けトレード徹底分析!【第2弾】

(↑クリックで動画を見れます。)

・ 【FX】コロナで大損しない為の方法

(↑クリックで動画を見れます。)

 

・ 【続編】荒れている相場でも勝っていく方法[2020年3月17日「EUR/GBP」+1,596,726円(+61.8PIPS)]

(↑クリックで動画を見れます。)

 

・FXで勝ちたいのならばこの動画を見ろ!(お薦め動画です、必ず見てください笑)

(↑クリックで動画を見れます。)

 

そんな感じになります。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

それではまた次回の記事で!!!

 


「メール講座」や「ライン@」でも勝ち続けていく”翼流トレード方法”を

随時配信しています。下記から是非ご登録してください( ^ω^ )

↓完全無料メール講座☆ご登録は画像をクリック↓

↑メール講座の詳細はクリックで飛べます↑


翼FXのラインID 【@grv9699p】


(↑クリックで登録画面へ飛べます。)


XMの”新規口座開設者”限定で

7つのエントリーパターン」を無料でプレゼント中です!

「究極の7定式」を受け取る↓

クリックで「究極の7定式」の詳細ページに飛びます↑


ランキングに参加しています☆応援よろしくお願いします!

クリックお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング 

1クリックずつしていただけると非常に嬉しいです( ^ω^ )


 

5 件のコメント

  • こんにちは。いつもお世話になっております。
    FT4の購入を検討しているのですが、Basic、Standard、VIPの中でどれを購入すればいいか迷っています。
    参考までに、先生が兼業時代に使用されていたFTを教えて頂きたいです。
    土日、平日問わず回しまくります笑

    • こんにちは、すーさん。

      いつも配信を見ていただきありがとうございます。

      私が兼業時代に使用していたものは、FT3のスタンダードになります。

      ですが短期足を検証したい場合やよりリアルに近いチャートで
      検証されたい場合にはVIPがおすすめです。

      もちろん、スタンダードでも問題なく検証ができます。

      • 返信ありがとうございます。
        ひとまずスタンダードで検証したいと思います。
        現状に満足しないように自分に厳しく、日々の検証をしていきます。
        これからもよろしくお願いします。

  • 翼先生 こんばんわ! こないだ億トレノートでコメントさせて貰った者です。
    今日のメルマガ再送凄く感謝しております。

    私事ですが、直近2か月200~300pipとることが出来るようになってきました。
    これからも検証や相場分析を怠らず、慢心せずにやっていきます。

    翼先生の今後の活躍や動画等楽しみにしております。

    ありがとうございます。

    • こんばんは、大正さん。

      いつも配信を見ていただきありがとうございます。
      (動画でのコメントもありがとうございます。)

      そして最近は、トレードも安定してきて200~300pip位とることが
      できているということで、大変素晴らしいです( ^ω^ )

      検証や相場分析などの学習を日々続けてきた成果ですね!

      是非今後もブログや動画、メール講座の配信を活用していただきながら
      さらにトレード技術を磨いていっていただければと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です