一番はじめに身に付けるべきは「精神面」だ!!

 

こんばんは、翼です(^ ^)

 

もう街のあちこちでは、クリスマスに向けてイルミネーションが始まっていますね。

そう思うと、今年もクリスマスがやって来るのか・・という恐怖が襲ってきます(笑)

子供の頃は、クリスマスは楽しい行事だったんですが・・

大人になるに連れ、いつの間にか嫌な行事に変わっていきましたね( ̄▽ ̄;)

 

どうしてこの時期になると、『嫌な気分になるのか?』という点については、

自分でも理由はしっかり分かっているのですが・・

「クリスマス」は恋人同士で過ごすという”とんでもない文化をよくも作ってくれたな!”と、この時期になるといつも思います〜(笑)

 

さてさて、今日は「一番はじめに身につけるべきは精神面だ!!というタイトル通りに精神面(メンタル)の部分についてお話していこうと思います。

というのも、いくら優れたトレード方法を身についていても、精神面が弱くては勝ち続けていくというところには決して繋がらないからです。

 

何故なら、精神面が弱いとトレード方法通りにトレードを行うことができませんので、結果として損失に繋がってしまうんですよね。

だからこそ、優れたトレード方法をいくら知っていても「精神面」が弱いことには勝ち組にはなれないのです。

 

これは、皆さんも経験があるんではないですか?

 

⑴ エントリーポイントになっていないのに、エントリーしてしまった。

⑵ 損切りのポイントではないのに、含み損になってしまったため決済した。

⑶ 利確の際はついつい欲張ってしまったり、チキン利確をしてしまう

 

などなど・・たくさんあるかと思いますが、今挙げた3つのポイントが特に多いではないかと思います。

 

というのも、今挙げた3つの全てで「精神面」がとても重要な部分になるためです。

それは、トレード方法やルールが決まっているのにも関わらず、そのルール通りにトレードを行うことができないという方が本当に多いんですよね。

 

なので、今回はこのような記事を書くことにしました。

 

では、まず⑴ エントリーポイントになっていないのに、エントリーしてしまった」という点について話していきます。

 

私のエントリー方法の場合、ほとんどが意識されているラインでレジサポされ、さらにMAを絡めてからエントリーしていくというものになります。

なので、まず初めに意識されているラインでしっかりサポートされないと、エントリーの根拠でもある『下に行きたくも行けない』という状況が生まれませんので、当然エントリーできないポイントになるんです。

(買いでエントリーしていく場合になります。)

 

ちなみに、「N字のエントリー方法」や「W字のエントリー方法」などのエントリー方法の場合は、意識されているラインでレジサポされ、さらにしっかりMAを抜けてきたのを確認してからエントリーしていかなければいけません。

何故なら、意識されているラインでサポートされても上にMAが待ち構えていると、”そのMAで止められる可能性が高い”からです。

 

だからこそ、しっかりMAを抜けてきたのを目で確認してから、エントリーしていくべきになりますので、必ず成行注文」でエントリーしなければいけないのです。

「リミット注文」ですと、MAは相場の動きによって変化していくものになりますので、まだMAが抜けていないポイントでエントリーしてしまい、損失に繋がる可能性が高くなるのです。

 

ちなみに、このMAを抜けてくるポイントにアラート機能を設定しておけば、チャートに張り付かなくても見逃してしまうことはないので、忙しくなかなか相場を確認できないという時はアラート機能を使うことをおすすめしています!

これは、MT4に標準搭載されているアラート機能を使ってください。

 

といったように、上のようなルールがあるのですがこのルールをしっかり守っていくことで私のエントリーポイントは、損失に繋がりにくく伸びていく絶好のポイントでエントリーしていくことができるエントリー方法になるんですよね。

ですが、このエントリーポイントになる前に、何故かエントリーしてしまうという方が本当に多いんですよね(´・ω・`)

 

このブログ記事を見ている方の中にも、ドキッとしている方がいるんではないでしょうか?笑

というのも、エントリーポイントになる前にエントリーをすれば、損失に繋がるのは当たり前になりますので、負けて当然のポイントでエントリーしているということをしっかり理解していただきたいのです。

 

何故なら、エントリーポイントでないのにエントリーしてしまっては、上記で説明したような損失に繋がりやすいポイントでエントリーしていることになりますので、ただ単に大切な資金をドブに捨てていることと同じになるからです。

だからこそ、自分の大切な「資金」は、自分自身でしっかり守っていかなければいけないのです。

 

それは、根拠も何もない危険なポイントでエントリーを行い、たまたまのまぐれで1回勝つことができても、次の勝利には決して繋がらないからになります。

 

だからこそ、”トータルで勝つ”ということをしっかり頭に入れ、エントリーしていく際には根拠のあるポイントでエントリーしていくべきなんです。

FXは、ギャンブルではありませんので、しっかりとしたエントリーの根拠やトレード方法の元、トレードを行っていけば、利益を積み上げていくことが可能になります。

 

ですので、「最近エントリーしていないからしよう!」「忙しいから今エントリーしてしまおう!」などという感情では、絶対にエントリーをしないようにしてくださいね。

というのも、エントリーは”利益を生み出すため”にしていくものになります。

 

なので、やたらめったらエントリーしていては勝ち続けていくことには、絶対に繋がっていきませんので見送るべきポイントは、しっかり見送っていくのが勝ち続けていく上でも大切になってきます。

 

では、次は「⑵ 損切りのポイントではないのに、含み損になってしまったため決済した。」という点について話していきます。

 

まず、私の損切り方法はエントリーしていくラインを割ったポイントになります。

何故なら、エントリーに使用した意識されているラインを下抜ければ”相場の流れが変わった”と判断できるためになります。

(売りでエントリーした場合になります。)

なので、エントリーに使用したラインを割ったポイントで損切りを行うんです。

 

ですが、逆に言えばエントリーに使用したラインを割るまでは、「レンジ」や「重要指標」「金曜日の深夜」でもない限り、相場の流れが変わったと判断することはできませんので、損切りを行うことができないんですよね。

なんですが・・含み損に耐える事が出来ずに損切りしてしまうという方がすごく多いのが現状になります。

 

では、『何故含み損に耐えるべきなのか?』と言いますと・・

 

「含み損」=「損失」ではないからになります。

 

というのも、含み損になったとしても、まだまだ伸びていく可能性が非常に高いポイントになるんです。

なので、「含み損」だからといって損切りをしてはいけないのです。

 

何故なら、含み損のポイントで損切りをしてしまったら、伸びていく良いポイントでエントリーしていても、自ら「損失」を選んでいることと同じになります。

それは、非常にもったいないことですし、こういった行為をしていてはいつまで経ってもトータルで勝ち続けていくという所には繋がりません。

 

だからこそ、しっかり含み損に耐えていくべきなんですよね。

もちろん、含み損はとても苦しいですし、私もFXをはじめたばかりの頃は含み損で大騒ぎしていました(笑)

 

ですが、含み損になったとしても、その後伸びていく可能性の方が遥かに多いことを身をもって経験したんですよね。

なので、今はしっかり含み損に耐える事が出来ているんです。

 

つまり、『何が言いたいのか?』というと・・

私が経験した中で「含み損」になったとしても、勝てる割合の方が圧倒的に多かったということなんです。

ですから、含み損になったからといって目先の利益に振り回されて損切りをしては絶対にいけないのです。

 

では、次は「⑶ 利確の際はついつい欲張ってしまったり、チキン利確をしてしまう」という点について話していきます。

 

まず、私の利確方法は基本的には「直近の安値 or 直近の高値」を目安に相場の勢いを見ながら決済していくというものになります。

「究極の7定式」に記載しているエントリー方法は、応用のエントリー方法になりさらに多くの利益を狙っていく事ができるエントリー方法になりますので、「更にその次の直近の安値 or その次直近の高値」または「意識されている固いポイント」を目安に相場の勢いを考慮します。

 

ですが、その利確の際は『まだ伸びていきそうだからといって欲張って保有する』『きちんとした利確目安があるのに即座に決済してしまう』という方も多いかと思います。

それは、私自身そうだったからこそ、「こういった方が多いんではないかな〜」と思うんですよね。

 

なので、私の利確方法は明確な「利確目安」を設定しているんです。

というのも、明確な利確目標があることにより、「欲張った利確」や「チキン利確」を防ぐ事が出来るんですよね。

 

私自身、明確な利確目標のもと利確することにより、欲張ることはなくなりましたしチキン利確もかなり減りました。

ですので、この経験を生かして翼流利確方法を決めているんです。

 

だからこそ、しっかりその利確方法のルールを守っていただきたいんですよね。

 

というのも、トレードをする際はしっかり翼流ルールを守っていく事が資金を守り、増やしていくことに直結していきますし、勝ち組に這い上がる1番の近道になります。

私の生徒さん達も、多くの利益をあげる事が出来ている方は、この翼流トレードルールをしっかり守ってトレード出来ている方達なんですよね!!

 

中には、一週間で100PIPS以上獲得する生徒さん達もいますが、その生徒さん達はしっかり翼流ルール通りにトレードしています。

 

なので、精神面は本当に大切になりますし、自己流トレードではなく、しっかり根拠のあるトレードを行っていただきたいのです。

もちろん、自己流トレードが安定して勝ち続けていくことのできるトレード方法ならば、そちらを優先しても構いませんが・・そうでないのであれば、翼流トレード方法に染まりに染まっていただきたいです。

 

というのも、「トレードマニュアル」や「究極の7定式」に記載している翼流トレード方法は、私がFX歴1年未満で専業トレーダーになることができたトレード方法になり、つまり勝ち組に這い上がる”最も最短の道のり”だからこそ、このトレードルールをしっかり守っていただきたいのです。

ですので、間違っているトレード方法は、今すぐ見直していただき安定して利益を確保していくことができる「技術」を身に付けていってほしいです。

 

今日は、「精神面」について詳しく話してきましたが、皆さんは精神面をきちんと鍛える事が出来ていますか?

もし、精神面を全く鍛えていないという方がいましたら・・

この精神面に関しては、皆さん自身の気持ち次第になりますので、今後多くの利益を生み出していくためにも、今すぐにでも日頃のトレードで鍛えていってくださいね(*^ω^*)

 

そんな感じなります♪

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

それではまた次回の記事で!!!

 

 


↓完全無料メール講座⭐ご登録は画像をクリック↓

↑メール講座の詳細は⭐クリックで飛べます↑


↓「究極の7定式」を無料でお渡しします↓

↑究極の7定式の詳細は⭐クリックで飛べます↑


 

ランキングに参加しています☆応援よろしくお願いします😊

↓クリックお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 
↑1つずつクリックしていただけると非常に嬉しいです🌈
 


 

4 件のコメント

  • 翼 さんの動画を拝見しました。
    僕は、FX歴、5年ほどたちますがまだまだです。
    ぜひ翼さんのトレードマニアルを手に入れたいですが
    どうしたら手に入りますか

    • こんばんは、谷川さん。

      動画解説を見ていただきありがとうございます。

      トレードマニュアルに関してですが、
      大変申し訳ございませんが今現在「トレードマニュアル」は、
      販売停止中になりますので、今すぐにはご購入はできないものになります。

      ですが再販の際には、必ずメール講座&ライン@で
      お知らせいたしますので、その際に再度ご検討いただければと思いますm(__)m

      また、メール講座でも私のトレード方法を教えておりますので
      まずはこのメール講座を通してもたくさんの知識を吸収していただければと思います。

  • 始めまして。FX初心者です。翼さんの配信いつも楽しみにしています。ところで質問なのですが、FXの用語もあまりわからないのですが、入門書などありませんでしょうか?また翼さんのトレードマニュアルはどうしたら手に入るのでしょうか?

    • こんばんは、小野さん。

      ブログを読んでいただきありがとうございます。

      FXの基礎に関しては、ネットを通しても多く得られる情報ですし、
      市販の本などを通してもたくさん勉強していくことができる内容になります。

      ちなみに、このブログ記事では私がお勧めする入門書を紹介していますので
      是非参考にしていただければと思います↓
      http://tsubasa-fx.com/fx/2019/01/21/6723849056/

      また、トレードマニュアルは、メール講座とライン@に
      ご登録している方のみに再販の告知をしております。

      なので、再販の時には必ず「メール講座」と「ライン@」で
      お知らせしていますので、その際に再度ご検討いただければと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です