【2018/06/05】USD/CAD のトレード記録+305,652円(+24.1PIPS)

 

こんにちは(^ ^)

前にブログでランニングをしていると報告したんですが、ちゃんとまだ続けてる翼です!

意外にまだ頑張っています(笑)

そして今まではランニング用ではなく普通のニューバランスのスニーカーで走っていたので、最近足首と足の裏が痛くなってきたんですよ・・・

なので、まだまだランニングは続けていきたいので、新しくランニング専用のスニーカーを購入しました\(^o^)/

これがこれです↓

(↑よく見たい方はこちらをクリックしてくださいw)

完全に見た目重視で選んだので、機能性については分からないのですが(笑)

ピンクラメと派手なところが気に入り購入しました。

なんですが、ワンサイズ大きめを選んだんですが、それでも少し小さいんです。

やはり、店舗に行くのがめんどくさく通販で頼んだのがダメでしたねぇ( ̄▽ ̄;)

でも、まぁ可愛いので、これで明日からドヤ顔でランニングしたいと思います!!w

 

 

さてさて話は変わり今日は、タイトル通り「USD/CADのトレード記録」を紹介していきます。

このトレードは、6月5日に決済したものです。

 

また今回のトレードも動画で詳しく解説していますので、必ずそちらの動画も見てください(*^ω^*)

というのも、動画の方がより伝わりやすいので、翼流トレード方法をしっかり学んでいただくことができ、さらに私が勝ち続けている”技術”をたくさん吸収できますので!

では、その肝心な動画がこちらです。

 

↓USD/CAD のトレード記録解説動画↓

↑クリックで再生できます↑

 

またこのUSD/CADのトレード記録解説動画以外の動画もたくさん上げているので、まだ見ていない方はそちらも是非見てくださいね。

 

さてでは、今日もどのような方法で利益を確保できたのか?その方法はどのようなものなのか?というところを詳しく解説していきます。

ではトレードする際に一番初めに行い、絶対に欠かせない”翼流環境認識”から説明していきます。

 

それでは早速ですが、下の画像を見てください↓

(↑クリックで見れます。)

 

上画像は、USD/CADの日足です。

この日足の相場の流れを見てみると、ピンクラインの最高値から徐々に高値を切り下げてきており、下降傾向の流れができているのが確認できますよね?

では次にオレンジラインラインを見てもらうと、今後は逆に最安値から徐々に安値を切り上げてきており、上昇傾向の流れができているのが確認できます。

 

なのでこのことから、 USD/CADの日足の相場の流れは下降傾向にあったが、その後は上昇傾向に相場の流れが変わっていったと判断できるのです。

ではそのことを踏まえ、4時間足でも相場の流れを把握していきます。

 

下の画像を見てください↓

(↑クリックで見れます。)

 

上画像は、USD/CADの4時間足です。

では日足同様4時間足でも相場の流れを確認していくと、左端の最高値から徐々に高値を切り下げてきており、下降傾向の流れができているのが確認できます。

そして次に、その最安値から今度は逆に上昇し、大きなレンジを作りそこからまた上昇しているのが確認できますよね?

 

なのでこのことから、日足&4時間足の相場の流れは日足同様下降傾向にあったが、その後は上昇傾向に相場の流れが変わっていったと判断できるのです。

 

このようにトレードをする際は、背景(日足&4時間足)で、まずはしっかり相場の流れを把握することが大切です。

この相場の流れをしっかり把握することは、波の感覚を捉えることやしっかり相場の流れに乗ってトレードしていく上で欠かせないことだからです。

 

ではその相場の流れがしっかり把握できたら、次は目線を分けるラインを引いていきます。

この目線を分けるラインは、先程確認した相場の流れをしっかり把握した上で波の感覚を捉え、日足の直近の相場を視野に入れながら、最も支持点が多いポイントに引いていきます。

そうすると、上画像のポイントに目線を分けるラインが引けます。

 

また今回の目線を分けるラインは、日足で引けるポイントを絞り4時間足で正確に支持点を合わせていきます。

そして再度、上画像を見てもらうとこの目線を分けるラインが白ライン上で数多くレジサポされ、かなり意識される固いラインというのが確認できますよね?

なので、この意識される固い目線を分けるラインを境に上ゾーンを「買い目線」と判断し入れるポイントを探していくんです。

 

またその買い目線内で最新の相場に対し、数多くレジサポされているポイントに水色ラインを引いています。

この水色ラインはエントリーに使用するラインなんですが、この水色ラインをしっかり意識されるポイントに引くことが勝利に繋がりますので、どのポイントで意識され機能しているのか?という点をしっかり確認してからエントリーしていくラインを引いてくださいね( ^ω^ )

 

では次に、オレンジライン内の最新の相場を見てください。

そうすると、ロウソク足が水色ラインを上に突き抜け上昇しているのが確認できますよね?

またその後水色ラインまで戻し、水色ラインでしっかりサポートされているのが確認できます。

 

 

またこの時意識される水色ラインでサポートされたという状況は、「下にいきたくてもいけない」という状況なんです。

なので、そこからMAを絡め上昇してくることでより下にいきにくくなり、さらに上に止められるものがなくなるため、上がるしかなく上がるという絶好の伸びるポイントで買いでエントリーしました。

(上画像、緑の点線(矢印⬇)の箇所がエントリーポイントです。)

 

このエントリー方法は、トレードマニュアルに記載してあるN字のエントリー方法です。

このN字のエントリー方法は、翼流エントリー方法の基礎中の基礎のエントリー方法ですので、このN字がさらに大きな利益を生み出していくトレードマニュアルに記載しているエントリー方法。

また究極の7定式のエントリー方法に繋がりますので、必ずしっかり覚えていってくださいね(・∀・)

 

それではエントリーしたその後の相場を見ていきましょう。

下の画像を見てください↓

(↑クリックで見れます。)

 

上画像は、USD/CADの4時間足です。

そしてエントリーしたその後の相場を見てもらうと、一直線に上昇し伸びているのが確認できます^^

 

なので利確は、黄色の点線箇所で決済しました。

ではなぜこのポイントで利確したのか?というと、私の利確は直近の高値を目安に相場の勢いを考慮しながら利確するんですが・・今回の場合、その直近の高値が隣の黄色丸のポイントです。

 

そしてこの直近の高値を見てもらうと、大きくヒゲをつけいますが実態を優先し、またその隣の黄色丸の意識されているポイントで止められ少し下降してきたので確実に利益を確保していくために、この黄色ラインで決済しました。

 

このように翼流の利確方法というのは、”確実に利益を確保できる方法”なんです。

なので世間では利確は難しいと言われていますが、この翼流利確方法をしっかり身に付ければ確実に利益を確保し続けることができます。

 

なのでしっかり翼流トレードに染まっていただき、この利確方法またトレード方法を使いこなしていただければ、自ずと勝ち組に這い上がれることができるんです。

またこの翼流の基礎のトレード方法は、トレードマニュアルにギュッと凝縮しているので何度も読んでしっかりマスターしてくださいね(´∀`*)

 

またこの翼流トレード方法は、メール講座の方でも教えているので翼流トレードをしっかり身につけていくためにも是非登録してくださいね。

 

 

 

(↑クリックで見れます。)

 

USD/CAD (買い)

+305,652円(+24.1PIPS)

 

 

そんな感じですね♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

それではまた次回の記事で!!!

 

 

 


↓完全無料メール講座⭐ご登録は画像をクリック↓

↑メール講座の詳細は⭐クリックで飛べます↑


↓「究極の7定式」を無料でお渡しします↓

↑究極の7定式の詳細は⭐クリックで飛べます↑


 

ランキングに参加しています☆応援よろしくお願いします😊

↓クリックお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 ↑1つずつクリックしていただけると非常に嬉しいです🌈
 
 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です