【2018/11/07】GBP/CHFのトレード記録 +573,419円(+33,7PIPS)

 

 

こんばんは(^ ^)

先日、姪っ子の誕生日があったので「アンパンマンダウン」「アンパンマンパーカー」「アンパンマンスカート」などなど、姪っ子が大好きなアンパンマンシリーズ(冬服)を送りつけました(笑)

それが、かなり気に入ってくれたみたいで、毎日のように着ているらしく、たくさんの写真が送られてきます。

そういう嬉しそうな写真が届くと「私も送ってよかったな〜」と、とても嬉しい気持ちになりますね(*^ω^*)

 

私が小さい頃は、「セーラームーン」が大好きだったので、全身セーラームーンの服を着ていたな〜と思い出しました(笑)

 

さてさて、今日はタイトル通り「GBP/CHFのトレード記録」を解説していきます。

ちなみに、このトレードは11月7日にトレードしたものになります。

 

また、今回はこのトレード記録を動画でも本当に詳しく熱く解説していますので、是非そちらの動画も見てくださいね!

というのも、動画の方がより伝わりやすいと思いますので、翼流トレード方法をしっかり学んでいただくことができ、さらに私が勝ち続けている”技術”をたくさん吸収していただくことができるかと思います\(^o^)/

では、その肝心な動画がこちらです。

 

↓USD/CAD のトレード記録解説動画↓

↑クリックで再生できます↑

 

今回久しぶりに動画を撮ったので、かなり熱く解説し過ぎて少し長い動画になってしまったんですが・・

本当に重要なことをたくさん話していますので、それを自分のものにしていただき実践で役立てていって欲しいです(*^ω^*)

 

では、今日も「なぜそのポイントで自信満々にエントリーしていけるのか?」というところと、トレードの際に注意する点や重要な点についてもこのブログ記事で解説をしていきます。

それでは、まずはいつも通り欠かすことの出来ない「相場の流れの把握方法」から話していきますね。

 

早速ですが、下の画像を見てください↓

(↑クリックで拡大できます。)

 

上画像は、GBP/CHFの日足になります。

この日足の全体的な相場の流れを見ていただくと、オレンジ丸の最安値から徐々に安値を切り上げてきており、オレンジラインのように”上昇傾向の流れ”ができているのが確認できます。

では、次にピンク丸の最高値に注目していただくと、今度は先程とは逆に高値を切り上げてきており、ピンクラインのように”下降傾向の流れ”ができているのが確認できます。

 

なので、このことから日足の”全体的な相場の流れ”は「上昇傾向」から「下降傾向」に変わっていったと把握できるのです。

 

そのことを踏まえ、日足の直近を見ていただくと、日足の直近では上昇の流れが確認できます。

ちなみに、このポイントを4時間足で見ていただくと”綺麗な上昇傾向の流れが確認できるポイント”になります。

 

だからこそ、相場の流れを把握していく際は「日足の全体的な相場の流れ」と「日足の直近の相場」、すなわち「4時間足」を見てしっかり把握していく必要があるのです。

 

それでは、背景(日足&4時間足)で相場の流れがしっかり把握できたら、次は「目線を分けるライン」を引いていきます。

この目線を分けるラインは、先程の相場の流れで把握したジグザクした波の動きを捉えつつ、日足の直近の相場を視野に入れることを1番に優先し、最も支持点の多いポイントにラインを引いていきます。

そうすると、上画像の白ラインの箇所に目線を分けるラインが引けるのです。

 

そして、上画像の白ラインに注目してもらうと、大きな波の動きが白ラインで何度も止められているのが確認でき、数多くの支持点も重なることから”かなり意識されている固いライン”ということが把握できます。

なので、この目線を分けるラインを境に”相場の流れが変わるポイント”という判断できるため、この白ラインを境に上ゾーンを「買い目線」下ゾーンを「売り目線」と区別し、それぞれの目線内で相場の流れに乗ってトレードを行なっていくんです。

 

ここまでが、「翼流環境認識」になります( ^ω^ )

 

まず、徹底的にリスクを軽減していくためにも、相場の流れをしっかり把握し「目線を分けるライン」を使って売り&買いの「目線」をしっかり区別していくことが重要になります。

なぜなら、根拠も何もない危険なポイントでエントリーを行い、たまたまのまぐれで1回勝つことができても、次の勝利には決して繋がらないからです。

 

だからこそ、”トータルで勝つ”ということをしっかり頭に入れていただきながら、エントリーしていく際には、しっかりとした根拠のあるポイントでエントリーを行うべきなんです。

つまり、チャンスがあれば手当たり次第にエントリーするのではなく、翼流環境認識をしっかり行い、より負けにくくリスクを軽減したポイントでエントリーしていけば、グッと勝ち組に近づくことが出来るというものになります( ^ω^ )

 

このことに関しては、いつもしつこいくらい言っていますが・・(笑)

これは本当に大切なことなので、しっかり吸収していって欲しい部分になります。

 

ちなみに、目線を分けるラインはその日その時の相場の動きに合わせて引いていくものなんですが、今現在(11月18日)のGBP/CHFの目線を分けるラインは、「1.29771」のポイントになります。

 

では、そのことを踏まえ11月7日にエントリーしたポイントを見てください↓

(↑クリックで拡大できます。)

 

上画像は、GBP/CHFの1時間足になり「買い目線内」で最新の相場に対し、意識されているポイントに水色ラインを引いています。

この水色ラインは、1時間足ではあまり意識されていないラインになりますが、日足&4時間足でも意識されている固いラインになります。

 

エントリーに使用するラインを引く際は、ただ単に最新の相場に対し”数多くレジサポされているポイント”に引いていくだけなのでかなり簡単になります。

ただし、長期足(日足&4時間足)でも意識されている固いラインは、高勝率を狙っていくことができるポイントになりますので、皆さん自身でエントリーしていく際は、『長期足でも意識されているラインなのか?』という点に注目してエントリーに使用するラインを引いていくようにしてくださいね☆

 

そして、エントリーに使用する水色ラインは損切りの際にも使用しますので、ヒゲを優先しヒゲの終わりのポイントにしっかり引いていくことが重要になります。

(赤丸がそのポイントになります。)

 

というのも、意識されている水色ラインを下抜ければ”相場の流れが変わった”と判断できるため、水色ラインを下抜けたポイントで損切りを行うからです。

しかし、この方法で損切りする場合は資金の5%以内に損切りが収まるようにロット数を設定してください。

でないと、ロット数が大きすぎると1回の負けで資金があっという間に底をついてしまう恐れがあるかからです。

 

そのことを踏まえ、今回エントリーしたポイントを見ていただくと、日足&4時間足で意識されている固い水色ラインで3回サポートされているのが確認できます。

(上画像の赤丸がサポートされている箇所になります。)

 

その為、その固いラインで3回サポートされれば「下に行きたくてもいけない」という状況がかなり固い明確なものになり、さらにそこからMAを上抜けてくることで上に止められるものがなくなり、伸びていく絶好のポイントになるんです。

なので、そのポイントを「買い」でエントリーしています。

私がエントリーしたポイントは、緑の点線(矢印⬇)の箇所です。

 

ちなみに、このエントリーは「3点からのエントリー方法」になります。

 

この「3点からのエントリー方法」は、意識されているラインで3回サポートされれば、当然1回、2回サポートされた「N字のエントリー方法」や「W字のエントリー方法」よりも『下に行きたくてもいけない』という状況がかなり明確になり、そのサポートされたポイントがかなり固い確実なものになるため「N字」や「W字」よりも「3点のエントリー方法」の方がより”リスクが低いポイント”でエントリーすることができるのです(*^ω^*)

そうなれば、当然のこと勝率も上がってくるので「N字」や「W字」よりも、高勝率を狙えるポイントで
エントリーすることができます。

 

ちなみに、「N字のエントリー方法」「W字のエントリー方法」「3点のエントリー方法」は、どれもトレードマニュアルに記載している基礎のエントリー方法になり、とてもシンプルで簡単なエントリー方法になりますので、しっかり覚えて実践でたくさん使いこなしていってくださいね☆

 

ではでは、そのことを踏まえエントリーしたその後の相場を見ていきましょう。

下の画像を見てください↓

(↑クリックで拡大できます。)

 

上画像は、先程同様GBP/CHFの1時間足になり、エントリーしたその後の相場を見てもらうと、上昇し伸びているのが確認できます。

なので、利確はいつも通りに「直近の高値」を目安に相場の勢いを考慮して行います。

今回は、その直近の高値まですんなり上昇してくれましたので、利確目安通りに直近の高値付近で利確しています。

(上画像の赤丸が私が利確したポイントになります。)

 

また、今回エントリーしたポイントは、リスクリワードがあまり良くないポイントだったんですが・・

⑴ エントリーしていくラインが長期足でも意識されている固いライン

⑵ エントリーに使用した時間足(1時間足)でも上昇傾向の流れが確認できる為、相場の流れに乗ってトレードしていくことができたポイント

⑶ 高勝率を狙える「3点からのエントリー方法」

というように、上の3つのポイントが確認できるポイントだったからこそ、自信を持ってエントリーしていきました。

 

というのも、多少リスクリワードが悪くても高い勝率が見込めるポイントならば、今回のように自信を持ってエントリーしていくこともありますし、逆にあまり良い勝率が見込めなさそうなポイントでもリスクリワードが良ければエントリーしていくこともあります。

 

なので、リスクリワードと勝率を同時に考えて天秤にかけ、その時その時で判断していく感じになります。

これは、その時の相場に対しての『自分がどれだけのリスクを取れるのか?』というリスクの許容度にもよりますので、一概には言えないものになるんですが・・

今回のような相場の場合は、上の3つの「高勝率を狙えるポイント」が確認できる相場だったからこそ自信を持ってエントリーしていったんです。

 

ですので、上の3つのポイントは日頃のトレードでもかなり役立つポイントになりますので、翼流トレード方法を使う際は、是非参考にしてくださいね(*^ω^*)

 

(↑クリックで拡大できます。)

 

GBP/CHF(買い)15lot(150万通貨)

+573,419円(+33,7PIPS)

 

今日は、高勝率を狙える「3点からのエントリー方法」やリスクリワードが少し悪いポイントでも狙っていけるポイントについても話してきましたので、かなり重要なことをたくさん話してきたので、しっかり吸収していってくださいね\(^o^)/

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また次回の記事で!!!

 

 

 


↓完全無料メール講座⭐ご登録は画像をクリック↓

↑メール講座の詳細は⭐クリックで飛べます↑


↓「究極の7定式」を無料でお渡しします↓

↑究極の7定式の詳細は⭐クリックで飛べます↑


 

ランキングに参加しています☆応援よろしくお願いします😊

↓クリックお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 
↑1つずつクリックしていただけると非常に嬉しいです🌈
 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です