【2020/10/26】EUR/GBPのトレード記録+430,996円(+15.8PIPS)

 

こんばんは(^^)

 

お久しぶりのブログ更新になってしまい申し訳ないです。

言い訳をしますと(笑)

ここ最近はブログよりも動画(YouTube)に力を入れているため、そちらをメインで更新しています。

ということで、是非動画も見てください( ^ω^ )笑

 

さてそれでは本日は、タイトル通り「EUR/GBPのトレード記録」を解説していきます。

ちなみにこのトレードは、2020年10月26日(月)にエントリーをしたトレードになります。

 

では今日も、「なぜそのポイントで自信満々にエントリーをしていけるのか?」というところと、トレードの際に「注意する点」や「重要な点」などについても解説を行なっていきます。

それではまずは、いつも通りに欠かすことの出来ない「相場の流れの把握方法」から話していきます。

 

早速ですが、下の画像を見てください↓(↑クリックで拡大できます。)

 

上画像は、「EUR/GBP・日足」になります。

このEUR/GBPの日足の相場の流れは、画面左端から最安値まで下降の流れが確認でき、最安値からは上昇の流れ最高値からは下降後に波の動きを作りながら再度上昇の流れが確認できます。

(上画像の黄緑ラインがその流れになります。)

 

しかしピンクライン内は振られている動きが確認できます。

このピンクライン内はレンジという訳ではないですが、上下に何度も振られているという状況になります。

 

この日足の相場の流れは、エントリーを行なった「2020年10月26日(月)」の時点の相場で把握をしています。

 

それではそのことを踏まえ、4時間足でも相場の流れを把握していきます。

下の画像を見てください↓(↑クリックで拡大できます。)

 

上画像は、「EUR/GBP・4時間足」になります。

この4時間足でも画面左端の最安値からは上昇の流れが確認できるが、最高値以降は結果的には切り下げてきた相場になります。

 

しかしピンクライン内は相場の流れが定まっておらず、やや振られています。

この4時間足の相場の流れは、エントリーを行なった「2020年10月26日(月)」の時点の相場で把握をしています。

 

つまりこのことから日足&4時間足で相場の流れを把握すると、直近部分は”振られている”ということが把握できます。

 

相場の流れを把握していく際には、今回の様に「最安値」や「最高値」に注目をすると初心者の方でも把握しやすいです。

ですので上手く相場の流れを把握できないという方は、まずは「最安値」や「最高値」に注目をする様にしましょう!

 

では、相場の流れを日足&4時間足で把握したら、次は目線を分けるラインを引いていきます。

この目線を分けるラインは、日足&4時間足で相場の流れを把握してから、日足の直近部分を一番に優先した上で「波の動きが多く止められるポイント」や「数多くの支持点が重なるポイント」に引いていきます。

この「日足の直近」とは、日足の直近3〜4ヶ月部分のことを指します。

(目線を分けるラインの引き方は、トレードマニュアル「2-1」を参照)

 

上記の「EUR/GBP・日足」の白ラインを見ていただくと、日足の直近3〜4ヶ月部分を一番に優先した上で「数多くの支持点」や「多くの波の動き」もしっかり止めれているポイントに目線を分けるラインを引くことができています。

なのでこのことから、白ラインは現在の相場に対し”機能しているライン”と判断することができるため、この白ラインのポイントに目線を分けるラインが引けるのです。

 

ここまでの判断ができたら、この目線を分けるラインを境に上ゾーンを「買い目線」と判断し、買い目線では”買いのみのトレード”を行っていくのが翼流トレード方法の基本になります。
(ここまでの判断が翼流環境認識になります。)

 

ちなみにこの目線を分けるラインは、その日その時の相場の動きに合わせて引いていくものになるのですが、今現在「2020年10月29日(木)」のEUR/GBPの目線を分けるラインも上画像の白ラインのポイントと同じポイントになります。

 

この目線を分けるラインについては、動画(YouTube)メール講座でも日々多く解説をしています。

特にメール講座では、目線を分けるラインの問題を週に1度出題していますので、是非このメール講座も使いながらしっかり学習していって欲しいです( ^ω^ )

 

ではそのことを踏まえ、次は「2020年10月26日(月)」にエントリーしたポイントを見てください↓(↑クリックで拡大できます。)

 

上画像は、「EUR/GBP・30分足」になります。

そして目線を分けるラインは上画像の白ラインのポイントになりますので、エントリーを行ったポイントは「買い目線」になります。

 

ではその買い目線内ではあるのは前提とし、エントリーに使用した30分足でも相場の流れを把握していきます。

エントリーに使用した30分足で相場の流れを把握していくと、上画像の左端から波の動きを作りながら上昇の流れが確認できます。

画面左端で一旦戻しの動きが確認できるが(大きめの波を作っているポイント)目線を分けるラインで止められ、最高値まで上昇の流れが確認できます。

 

そしてその最高値以降は綺麗な下降の流れが確認できるが、その後は目線を分けるライン付近でレンジを作り、直近部分は目線を分けるラインから上昇の流れが確認できます。

 

という感じで、エントリーに使用する「EUR/GBP・30分足」では買い目線内でもしっかり上昇の流れに乗れるため、相場の流れが良いポイントでエントリーをしている様に見えます。

 

しかし先程、日足&4時間足で相場の流れを捉えた様に日足&4時間足の直近部分の相場状況は、やや振られているという状況になります。

従っていくらエントリーに使用する30分足で相場の流れが良いポイントでも、上げた時間足である日足&4時間足で相場の流れが良くないため、今回エントリーを行ったポイントは相場の流れ的にはリスクが高いポイントになるのです。

 

というのもこれは、”下位の時間足よりも上位の時間足の方が相場の流れが強いため”です。

何故ならいくら下位の時間足で相場の流れが良くても、上位の時間足で相場の流れが悪い場合には、その上位の時間足で振られる可能性が高くなります。

(↑これまでの経験を元に話しています。)

 

なのでいくら下位の時間足で相場の流れが良くても、上位の時間足で今回の様に振られているポイントがある場合には、下位の時間足でも振られやすくなってしまうのです。

 

動画やメール講座でもこの判断について触れることが多いのですが、負けている方ほどエントリーに使用する時間足しか見ていない傾向が高いので、しっかり上位の時間足の相場の流れも考慮する様にしましょう!

そうすることで本当に負けにくくなりますので、是非実践してください。

 

ということを踏まえると・・・何故今回は『日足&4時間足の相場の流れが振られているのに30分足で入っていったのか?』と疑問に思いますよね?笑

なのでその部分について今から話しています。

 

まず今回日足&4時間足で振られているポイントを今一度見ていただくと、レンジというまで振られているという状態ではありません↓

(↑クリックで拡大できます。)

 

上記のピンクライン内を今一度見ていただくと、レンジとは言えないが振られているという状況ですね。

日足のピンクライン内を見ていただくと分かり易いですが、振られながらも下降しているのが確認できます。

 

ですので振られているという状況ではあるが、レンジ程リスクは高くないと判断しています。

 

それに加えエントリーに使用する30分足では、上昇の流れが確認できるため、短く取っていくのならばエントリーをしていっても問題ないと判断しエントリーをしています。

 

もちろん日足&4時間足の相場の流れ的にはリスクが高いのですが、「ライン」&「N字の形成的」には問題ないため獲れなくはない動きだと判断し入っています。

(エントリーに使用するラインとN字の形成についてはこれから解説していきます。)

 

今回エントリーに使用したライン(水色ライン)をまず30分足で見ていただくと、黄色丸のポイントで支持点が確認できる意識されているラインになります。

支持に関して、ロウソク足の実体とヒゲの両方が止められているポイント見ています。

(上画像の黄色丸ポイントです。)

 

このエントリーに使用するラインに関しては、下記の動画でも詳しく話していますので参考にしてください↓

(↑クリックで動画を見れます。)

 

それに加え日足&4時間足でも意識されてくる固いラインになりますので、ラインの判断的には勝率が高いラインになってきます。

(この判断は、勝率向上書の「2−2」を参照してください。)

 

これだけ日足&4時間足で効いている固いラインだからこそ、その固いラインを上抜け上昇しサポートをされれば(赤丸)そのサポートの根拠はめちゃくちゃ固いものになります。

もちろん日足&4時間足の相場が振られているという状況ですが、エントリーに使用したラインがめちゃくちゃ効いていたからこそ再度上昇の流れを作っていきやすいと考えました。

 

そしてそこからMAも上抜けてくれば、伸びていくポイントを短期的に確保できると考え「買い」でエントリーをしています。

(私がエントリーをしたポイントは緑の点線ライン(黄緑丸)のポイントになります。)

 

このエントリー方法は、「トレードマニュアル・N字のエントリー方法」です。

このブログ記事や動画(YouTube)やメール講座では、この「N字のエントリー方法」を多く取り扱っていますが、もちろんこの「N字」以外にもたくさんのエントリー方法があります。

 

こうした配信では公開していないエントリー方法(「究極の7定式」記載)も多いのですが・・・

まず最も基礎の「N字のエントリー方法」を使い熟すことができないと、応用のエントリー方法を使用して利益を上げていくことは難しくなるため、「N字のエントリー方法」を多く解説しています(笑)

 

ですのでこの「N字のエントリー方法」は、翼流の”入門エントリー方法”になりますのでしっかり自分のものにしていってください( ^ω^ )

 

それからロウソク足の「N字」の形成具合にも注目をしていただくと「すごく綺麗!」という形ではないですが、狙っていっても問題ない形成になると判断しエントリーをしています。

(一般的な形成になります。)

この判断は「勝利向上書」の「2−4」に詳しく記載していますので、そちらをしっかり読んでおいてください。

 

しかーーーーしッ!!!

今回はちょいとエントリーが遅かったですね(笑)

 

エントリーに使用する時間足である30分足と前後の時間足である15分足と1時間足のMAが抜けてすぐに入りたかったポイントではあるのですが、やや遅れてしまったというトレードになります。

ですがエントリーはやや遅れたが、リスクリワードの比を見るとまだまだ見込める利益が多いため、入っています。

 

つまり「見込める利益」と「損切り幅」の対比がエントリー時点でそこまで悪くはないため、入っています。

とは言え、遅れたエントリーはそれだけリスクが高くなるので、皆さんがエントリーをする際にも慎重に判断を行ってください。

 

今話してきた遅れたエントリーの判断については、下記の動画で詳しく話していますので、参考にしてください↓

(↑クリックで動画を見れます。)

 

ではそのことを踏まえ、エントリーしたその後の相場を見ていきましょう。

下の画像を見てください↓(↑クリックで拡大できます。)

 

上画像は、「EUR/GBP・30分足」になります。

それではエントリーしたその後の相場の動きを見ていただくと、しっかり上昇し伸びているのが確認できます。

 

その為、利確はいつも通りに直近の高値(オレンジ丸)を利確目安に相場の勢いを考慮しながら利確を行っています。

(翼流利確方法の詳細は、「トレードマニュアル」に記載しています。)

 

今回のポイントは相場の流れ的にリスクが高いポイントだったからこそ、利確で欲張らずに利確目安付近まで伸びてきて、ロウソク足の勢いがなくなってきたか!?というところで早めに決済しています。

リスクが高いポイントでエントリーをした際には、この様に利確で欲張らない様にしています。

そうすることによって、今までしっかり利益を確保し続けてくることができています。

 

ちなみに利確後の相場の動きを見ていただくと下記の画像の通りになります↓(↑クリックで拡大できます。)

 

利確後の相場の動きを見ていただくと(赤丸)一気にただ下がりしているのが確認できます。

なので今回の利確の判断は正しいと言えるのです。

 

この利確方法に関しては、下記の動画で詳しく話していますので是非覚えていって欲しいです↓

(↑クリックで動画を見れます。)

 


(↑クリックで約定履歴を拡大できます。)

 

EUR/GBP(買い)20lot(200万通貨)

+430,996円(+15.8PIPS)


 

今日は、「N字のエントリー方法」で利益を上げたポイントを紹介してきました。

ちなみにYouTube(動画解説)では、このブログに記載していない「トレード記録」や「FXの話」もたくさんしていますので、そちらを通してもしっかり学習していってください( ^ω^ )

 

そんな感じになります。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

それではまた次回の記事で!!!

 

 


「メール講座」や「ライン@」でも勝ち続けていく”翼流トレード方法”を

随時配信しています。下記から是非ご登録してください( ^ω^ )

↓完全無料メール講座☆ご登録は画像をクリック↓

↑メール講座の詳細はクリックで飛べます↑


翼FXのラインID 【@351mkyzs


(↑クリックで登録画面へ飛べます。)


XMの”新規口座開設者”限定で

7つのエントリーパターン」を無料でプレゼント中です!

「究極の7定式」を受け取る↓

クリックで「究極の7定式」の詳細ページに飛びます↑


ランキングに参加しています☆応援よろしくお願いします!

クリックお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング 

1クリックずつしていただけると非常に嬉しいです( ^ω^ )


 

2 件のコメント

  • こんばんは。昨日メール講座に登録させてもらった、『LANちゃんねる』こと越智保行と申します。YouTubeにコメントしてますんでもしよろしければ目を通してみて下さい (゚∀゚)
    申し遅れましたが、初めまして。この度、コメをしたのは、本日(10/29)の目線ラインの件です。
    この目線ラインは(2)が正解だなとなんとなく解りました。最初(3)かとも思いましたが、(3)だとあまりラインの意味がないなと思い(2)のラインに決めました。僕はこのラインを抵抗線と自分で勝手に名付け、上には行けず、ローソクの実体の上げ止まり感が見えます。
    去年8月からバイナリーオプション(ハイローオーストラリア)をはじめ、ゲーム感覚でエントリーしては負けを繰り返してきました。
    『チャートを見ながらエントリーポイントに来たらエントリーする』と言うのを知ったのは3か月も過ぎた頃でした。それまでほぼ直観で、為替の事なんて『円安ドル高』くらいしか知らないドアホでした。
    チャートと言うもの知って使いはしてみたもののローソク足というものが全くわかりませんでした。
    その時の印象は『なんだよ、ローソク・・・見ずれぇジャンよ!!!』て思ったのを思い出します。
    丁度去年の8月本来ならば会社命令であった『自動車検査員』という資格をとれ!と会社から言われてたにもかからわず、FX・バイナリーの勉強をしてました。
    自動車検査員というのは自動車の車検の完成検査をできる資格となります。(国家資格)そんな検査員よりFXやバイナリーの方が将来、実になる技術と思い後者を選択しました。
    世間一般からしたら、『お前、頭おかしくね?』と思われます。
    そう、自分で言うのもなんですが、頭おかしいです。はい ( ̄ー ̄)
    頭のネジが4・5本ぶっ飛んでます。
    ってのも、今の時代『会社』に依存しているだけでは喰っていける時代ではありません。副業がなんたら・・って時代でもあります。
    現に今、会社辞めたいんです。BLACKとまでは行かないかもなんですけど
    拘束時間はほぼ毎日12時間くらい、休日は気まぐれで月3~4日
    おまけに残業代は月10時間程度しかもらえず、3週間ぶっ続けの月もありました。
    四週間目に入ろうとした時に一日だけ休みをもらった事も・・・。四週間目は多分倒れるなと思ったくらい。
    二十歳の頃勤めていた『三菱ふそう』大型トラック、バス専門の販売店で整備士として新卒で入社。入社の年にフロントハブのリコールがあり
    毎日深夜1時や2時まで働き朝7時には会社にいなければ・・・と。
    映画であった 『空飛ぶタイヤ』 と言えばお分かりでしょうか?
    残業してまで働いた割には給料は人並み。やれんはマジで。転職もかなりした。
    そんな自動車整備士生活に嫌気がさし、働く事の無意味さ、実際働かなければ生活できないんですが、幼稚園児の頃から夢みた  【自由】 が欲しくて現在に至ります。
    けど自動車整備士をしていてイイ点もありました。
    自分の車を弄れる。車検出来る。整備の費用を浮かす事ができる。
    何より僕は窃盗が好きなんです。 盗むモノはただ一つ

       技術

    昔の人はよく言ってました。 『見習い』 字の如く 見習い
    教え習い は 無いんだ。と

    クソデッチの頃、ドライバーで刺されたり、レンチで頭シバかれ、ハンマー投げられたり、胸ぐら捕まれ殴られかけたりと、早く仕事覚えんと殺されると必死に仕事してました。その時、先輩の仕事を見ては覚えたものです。
    なので一つの仕事に3通りやり方があればその3通りをごちゃまぜにして 自分オリジナルの技を作ったものです。今でもそんな 人と同じことするのが嫌いな人
    です。

    とはいえ、頑固な考えも捨てる時がきたようです。

    かなり脱線して大事故になってしまいましたが、こんなワタクシをよろしくお願いします。

    バイナリーで借金をこしらえ、バイナリーで返す。を目標に頑張ります。
    無一文に近いんで、まずはバイナリーで軍資金をこしらえようと思ってますが
    マズいですか?

    もう後が無いんです。 FXでも考え方は同じだと思います。エントリーした所から
    買い(high)で入り相場が上がれば利確(バイナリーなら時間内に上げれば)で勝ち
    下がれば損失で負け
    FXは上げた距離(ピップ数)で利益が決まる。ロット数にもよりますが1ロット100円だと聞いてます。←最低の証拠金が

    バイナリーは取引時間によってペイアウト倍率が変わります。
    最低でも 1.85倍 これに掛け金を掛けたら 0.85分の利益になります。
    1000円だと1850円で利益 850円です。最低1000円からになります。
    最高は一回に20万円までです。15分取引をして
    米ドル円が現在0:00として 104.599 とします。
    取引終了時間は 0:15 です。この時間内に何回でもエントリーできます。
    100回でも200回でも、資金がある限りエントリーできます。
    相場が動きました。当たり前ですが 0:15 の価格が 104.602 になってます。 104.599時点でLOWエントリー(売り) 判定時刻に 104.602で負けました。
    ということです。損切もありまして、バイナリーでは転売と言います。時間や価格差により転売率が変わります。あまりにもエントリーポイントからかけ離れると
    0円になります。(完敗)

    またまた脱線しましたね・・・(;´Д`) すみません。

    だいぶローソク足にも慣れチャートを見る目が上がってきました。以前は平均足を使っていました。負けの原因でもあります。使いこなせなかった。(汗)
     
    なので、目線ラインって言うのは解ってきました。翼流ではないんですが、その
    目線ラインを引いてこれから相場がどの方向に行くのか予測する知識がありません。
    単純移動平均線 短期5 中期20 長期50 でチャートは1分足~1時間足
    パーフェクトオーダーの発生を参考に相場の流れを今は読んでます。
    あと、ダブルトップ(M字)とダブルボトム(W字)を転換サインとしラインを引き上げなのか下げなのかを観察してます。←今は、プリンタで印刷して検証ちぅ (笑) 
    というか僕のエントリーポイントでもあります。
    パーフェクトオーダーとM字w字での転換サイン後相場の流れに乗る
    というのが今の手法?になります。
    けど、なかなか取引時間のタイミングやエントリーポイントまで待てず、早かったりと試行錯誤してます。

    長々と申し訳ございません。いらん事ばかり書きましたが、どういう人間なのか知っていただきたいが為の いらん事です。

    お忙しい中、大変恐縮ですが目を通して頂ければ幸いです。 (^^♪
                                     保行

    • こんばんは、保行さん。

      配信を見て頂きありがとうございます。

      そしてバイナリーオプションに関しては、
      私の場合、勝てる見込みが少ないと考え行っておりません。
      (私はブログ記事の内容で利益を上げています。)

      私の配信ではバイナリーではなく裁量トレードを教えています。

      何か私の配信で参考になる点がありましたら
      吸収していただければと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です