【2018/05/07】USDCHFトレード記録+309,214円(+18.9PIPS)

 

こんばんは(^ ^)

最近は激しい曲を聴きながら掃除をするのにハマっています。

そしてその時に便利なおすすめアイテムは、耳かからうどんこと”AirPods”です。

このワイヤレスイヤホン本当にかなり便利で今年買ったNo.1の使える商品ですね〜

これを買う前までは、線に絡まりかなりイライラすることも多かったのですが・・これに変えてから本当にストレスフリーです\(^o^)/

またこないだ実家に帰ったら、父が音を出しながらyoutubeでひたすらパチンコ動画を見ていたので、父の日にはこのAirPodsをプレゼントしようとかと思っています。

 

さて今日はタイトル通り「USDCHFトレード記録」を紹介していきます。

このトレードは、5月7日に決済したものです。

 

そして今回もこのトレード記録を動画でかなり熱く解説していますので、必ず見てくださいね(*^ω^*)

この動画解説には、私自身かなり力を入れているので本当にためになるものですから!

 

↓USDCHFトレード記録解説動画はこちら↓

↑クリックで再生できます↑

 

また今回のトレード解説動画以外の動画もたくさん上げているので、まだ見ていない方はそちらの方も絶対に見て私の勝ち続けているトレード方法を盗んでいってくださいね。

 

では今日もUSD/CHFの環境認識から説明していきます。

このUSD/CHFは上昇傾向にある相場で、そこから短期足を使いN字のエントリー方法で確実に利益を確保していったものなので、最後までしっかり読んでください(・∀・)

 

では早速ですが下の画像を見てください↓

(↑クリックで拡大できます。)

 

上画像は、USD/CHFの日足です。

このUSD/CHFの日足を全体的に見ると、徐々に大きな波の動きをしなんとも言い難いものですが・・

オレンジライン内の直近の相場を見てみると、徐々に切り上がり上昇傾向の流れができているのが確認できます。

 

まずは、この日足&4時間足で相場の流れを把握してください。

この相場の流れを把握することは、目線を分けるラインを引く際にも重要になりますし、エントリーする上でもかなり大切になっています。

 

では相場の流れがしっかり把握できたら次は、目線を分けるラインを引いていきます。

この目線を分けるラインは、波の感覚を捉え最も支持点が多いポイントに引きます。

それは上画像を見てもらうと分かりますが、この白ライン上を見てもらうとここで数多くレジサポされ、この目線分けるラインがかなり意識される固いラインということが確認できますよね?

 

なので、この目線を分けるラインを境に上ゾーンを「買い目線」と判断できるのです。

ではここで疑問に思う方もいるかと思うので・・なぜ?この目線を分けるラインを境の上ゾーンを「買い目線」下ゾーンを「売り目線」と判断できるのか?というと・・

それは、この目線を分けるラインが”流れが変わるポイント”だからです。

ではなぜ、このポイントで流れが変わるのか?というと、それはこのポイントが大衆の損切りになるからです。

 

だから、この目線を分けるラインを境に「買い目線」or「売り目線」と分けて判断できるのです。

 

それではそのことを踏まえ、この目線を分けるラインを境に上ゾーンの「買い目線内」で入れるポイントを時間足を落として見つけていきます。

下のエントリーした画像を見てください↓

(↑クリックで拡大できます。)

 

上画像は、USD/CHFの30分足です。

また目線を分けるラインは、画像上には写っていませんが「買い目線内」です。

 

そしてこの30分足を全体的に見てみると、左端から徐々に切り上がり上がってきており、綺麗な上昇傾向の流れができているのが確認できますよね?

では次にオレンジライン内の最新の相場を見てみると、こちらでも安値を切り上げていており上昇傾向の流れができているのが確認できます。

 

ではそのことを頭に入れ、最新の相場に対し意識され支持点が多いポイントに水色ラインを引いてます。

上画像を見てもらうと、黄色丸で数多くレジサポされこの水色ラインが意識されているラインということが分かりますね。

なので、この意識される水色ラインを使ってエントリーをしていくんです。

 

狙い方としては、水色ラインを上抜けしまた戻しサポートされることで、”意識されているラインでサポートされる”ということは、「下に行きたくてもいけない」という状況になるので、そこからさらにMAを絡めていくことで、上に止められるものがなくなるため、伸びていく絶好のポイントでエントリーするのです。

(上画像、赤丸がサポートされたポイントです。)

 

また上画像、緑の点線(矢印⬆)の箇所がエントリーポイントです。

これはN字のエントリー方法です。

この詳しいN字のエントリー方法につきましては、トレードマニュアルの方で解説していますのでそちらを必ず読んでください( ^ω^ )

 

それでは、エントリーしたその後の相場を見ていきます。

下の画像を見てください↓

(↑クリックで見れます。)

 

上画像は先程同様、USD/CHFの30分足です。

また、赤チェック✔(オレンジの点線)が利確ポイントです。

 

では、エントリーしたその後の相場を見てみると、かなり上昇し伸びているのが確認できますよね^^

そして利確は、直近の高値付近で決済しました。

 

ではなぜ、直近の高値が利確ポイントなのか?というと、まずこうして意識される水色ラインというのは、世界中のトレーダーも意識するポイントなんです。

そしてその水色ラインで反発することで大量の買い注文が殺到するため、結果伸びていくポイントになるのです。

またこのポイントでエントリーした場合、直近の高値は皆が目安とするポイントなんです。

 

なので、ある程度直近の高値&安値付近までは伸びていきやすいんです。

だからこそ、その直近の高値を大幅に超えてしまうと、その先の動きは未知数になるため振られる可能性が高くなるので、確実に利益を確保するためにこの直近の高値で決済したのです。

この利確の際は、こうした大衆の心理も利用します。

 

そしてこの利確は、他のトレードをする際も同じですのでしっかり覚えて帰ってください(*^ω^*)

 

(↑クリックで見れます。)

 

USDCHF(買い)

+309,214円(+18.9PIPS)

 

 

またこのトレードとは関係ないのですが・・

こないだのメール講座で言っていたポイントが、そっくりそのままの動きをしてくれたので、ここで紹介します。

下の画像を見てください↓

(↑クリックで拡大できます。)

 

上画像は、「2018-05-09 (水)」に実際にメール講座で配信されたNZD/USDの1時間足です。

そしてこのNZD/USDの狙い方としては、目線を分けるラインを境に「売り目線内」で最新の相場に対し、意識される水色ラインでN字を作ったところをMAを絡め売りで狙うという狙い方です。

(オレンジラインのような動きを狙います。)

 

また☆のポイントが入るべきエントリーポイントです。

そしてその後の相場がこちらです↓

(↑クリックで拡大できます。)

 

上画像は、先程同様NZD/USDの1時間足です。

そしてその後の相場を見てもらうと、一直線に下降しかなり伸びているのが確認できます^^

 

このようにメール講座では、平日の夕方に(約週5回)私が厳選した”今日の狙うべきポイント”を配信しています。

なのでメール講座の生徒さん達は、このポイントで多くの利益をあげた方がたくさんいらっしゃいました。

 

もちろん、毎回環境認識&目線を分けるライン&エントリーしていく水色ラインなどを詳しく解説して配信しています。

なのでこのメール講座のみでもかなり実力がつくものになっています!

またこのメール講座は完全無料で配信してるので、まだ登録していない方は私のトレード方法をしっかり覚えてFXで勝ち続けてほしいので絶対に登録してくださいね♪( ´▽`)

 

ちなみにこちらからできますので↓

メール講座登録はこちら

↑クリックでメール講座登録詳細ページに飛べます↑

 

このメール講座&動画解説&トレードマニュアルでしっかり私のトレード方法を学んでいただければ、本当に勝ち続けることができますので、しっかり学んでいってくださいね。

私のトレード方法はシンプルで簡単なものですので、特に初心者は真似しやすいものになっていますので\(^o^)/

 

そんな感じです♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

それでは、また次回の記事で!!!

 

 

 

 


↓ご登録は画像をクリック↓

↑詳しくは画像をクリックで飛べます↑


翼愛用のおすすめ海外口座はこちら↓

このリンクから口座開設で3000円のボーナスプレゼント中です!

さらにご入金金額に加え、最大ボーナス総額50万円のスペシャル2段階ボーナス中です。

「最大888倍」ハイレバレッジで超絶おすすめなので是非!!


ランキングに参加しています☆応援よろしくお願いします😊

↓クリックお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 ↑1つずつクリックしていただけると非常に嬉しいです🌈
 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です